即日振込体験談

ついうっかり口座残高不足の危険に!

こんな残高不足の体験があります。

これは、実際に合った体験談で、私がまだ社会人になって数年の二十代の時の事です。

普段はあまり使わないネットバンクの口座、とくに決まった引き落としもないし、入金もないので、普段は残高は数千円程度のままでした。でも一応何枚かあるクレジットカードの1つをここの口座の引き落としにしていました。
普段使うクレジットカードではないので、年に1回使うか使わないかというものだったで、使ったその時だけ引き落とし前に振込をしている状態でした。
あるとき、数十万円程度の大きな買い物をしたのですが、たまたまその時メインのカードを持参しておらず、その普段は使わないクレジットカードの一括で購入しました。
そして、給料日がきたら振り込めばいいやと思っていたのに、いつの間にかそのことを完全に忘れてしまっていました。

引き落とし口座を勘違いしてしまった

そなんおり、友達の結婚式や親せきの法事が重なりに重なって、メインの口座から現金を結構引き出していたのですが、メインのクレジットカードの引き落とし日が過ぎてもまだ十分余裕があったので、「ああ、あの支払いも終わったし、今月ピンチかなと思っていたけれど、全然余裕じゃん!」と思っていました。まだ余裕があるので、長期休暇の海外旅行、早めに申し込んだ方が割引もあるということで、5か月前だったのですが、申込みをして前金を振込をしました。

そんなある日、通帳の基調をよく見なおしてみると、先月購入した大物出費のクレジットカードの引き落とし金額が見当たりません。あれ・・・・引き落とし今月だったよな、なんでだ・・・・と数分考えて、顔が青ざめました!
そう、別のクレジットカードで購入したんだということを思い出したのです。
そのカードの引き落とし日をあわてて確認してみて、ちょっとホッとしました。引き落とし日が、メインのカードと違っていたのでまだ来ていなかったのです。

口座残高不足大ピンチ

しかし、メインバンクの口座残高を確認して、再び青ざめました。

そうなんです・・・その残高から全額、引き落としのあるネットバンクの口座に振込しても、ぎりきり10,320円足りません。財布の中にはそれぐらいはあったものの、今ある現金をほとんど使わないといけない事になります。他にも光熱費や家賃などの支払いがあるので、さすがに、メインバンクの口座をゼロにするわけにもいきません。
次の給料日までまだ12日ほどありましたが、ネットバンクの口座を指定しているクレジットカードの引き落としは明後日に迫っていました。口座残高不足で引き落とし出来ず、このままでは延滞確実の状態の大ピンチです。このままでは、自分の信用情報に傷がつく、ブラックになってしまう〜とか、その意味もどうなるかもよく知らずに、犯罪者になってしまうような気分に陥ってしまいました。

 

解決方法を必死に考えました。

とにかく、残高不足を是が非でも何とかしなけれはならない、お金を借りなけれはならないという事態で、真っ先に考えたのは、親に借りることです。そして・・・振込してもらおうと電話をかけようとした時に思い出しました。両親は、叔父が亡くなって法要のため遠方に行っていて、数日帰って来ないのです。兄弟も妹はまだ学生ですし、兄としてそんな恥ずかしいこと頼めません。

友人や同僚に借りるというのもやっぱり恥ずかしいし、友達にお金を借りると友情関係を壊すともいいますので、絶対嫌だと思いました。
もうこれはキャッシングで借りるしかない。そう思いました、どうせ12日もたてば給料日で、直ぐに返せるから、金利が少々高くても問題ないのでそれが一番と思いました。
しかしこれにも問題点がありました。キャッシング機能をつけているクレジットカード1枚も持っていませんでしたし、街中にたたずむ、あの無人契約機のところに行くのがなんだか嫌なのと、もう時間が迫っている中で、会社の昼休みとかに無人機を探しに行くというのもちょっと気が重かったのです。

 

即日振込という解決方法があった

ネットで調べてみると、WEBから申込ができ、そしてキャッシングカードがなくてもネットから、指定口座に振込んでもらう事も出来るということが書かれていて「これだ!」と思いました。

郵送てカードカードを待っていたら、口座引き落としの明後日にはとても間に合わないですし、即日発行を受けるために無人契約機の所まで行かなけれはなりません。
また消費種金融のカードで会社近くのコンビニATMで引き出しているところをもし知っている人に見られたらなどと思うと嫌だったので、自分の口座に直接振り込んでもらえるならこんなにいいことはありません。
明後日に迫っていて、その時に夜遅くになっていましたが、WEBならば24時間申し込みすることができました。ただし審査時間は過ぎていたので、翌日審査結果が届きました。
とくに問題なく、翌朝9時半過ぎには審査に通っていて、通勤途中で携帯から会員サイトに入って、口座に振込申込をしたら、あっという間に入金がされていました。
本当に即日振込キャッシングは私の大ピンチの時を救ってくれましたね。こんな便利なものはありません。
無事にクレジットカードの引き落としも済み、次の給料で返済もしました。しかも無利息期間あったので、利息もゼロ!という実質なんのマイナス負担も無く済んでしまいました。

私が利用したのはこれだ!

30日間無利息期間(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)、平日14時までにWEB契約完了をすれば即日振込できる。ジャパンネット銀行の口座(三井住友銀行でもOK)だったので、休日でも振込可能だった。

 

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の場合
曜日 借入受付時間 振込実施時間
月〜日祝日 0:00〜24:00(24時間) 最短10秒(*瞬フリサービス)

瞬フリサービスを利用する場合は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録をすれば、24時間最短10秒でのお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

即日振込体験談|残高不足の大ピンチの回避方法関連ページ

今すぐ借りたい方に|最速で振込キャッシングする方法
即日振込を可能にするための催促のキャッシング申込方法についてまとめてみました。
無利息即日振込|金利が高くても無利息ならば軽減できる
即日振込してくれるところは金利が高くなりがちですが、その代わり初めての利用では無利息期間があるところを選べます。うまく利用すれば実質金利はとも低くなります。
融資審査に通り易くしておく方法
キャッシング、ローンなど借り入れの申込前に審査に通りやすい状態にしておくことも、即日振込のチャンスを広げます
職場への電話無で借りられるキャッシング方法
職場への在籍確認の電話をしてほしくない方が借りる方法をお教えします。準備が必要ですが、電話連絡無で借りることができます。
土日休日振込融資は可能か?
土日祝祭時などの金融機関の休業日であっても即日振込融資が可能な貸金業者をまとめみました。
自動融資にしておくと安心
ついうっかりで口座残高不足になってしまうそんな時、引き落としてで事故にならないためには、自動融資にしておくと便利です。
収入証明なしで借りる
収入を証明する書類のよう言って面倒ですよね。手続き簡単な収入証明なしで申し込めるカードローンについてまとめました。
申込ブラックってホントにあるの?
申込を炭酸しすぎていてブラックリストに載ってしまい、どこに申し込みをしても断られてしまうなんてことは実際にあるのでしょうか?
即日振込の銀行カードローンはある?
比較的時間のかかる銀行のカードローンにも即日振込キャッシングかのうな ものはあるでしょうか?調べてみました。
返済に時間がかかるなら借換えも検討しよう
とにかく早く融資を受けたい時は、金利を気にしている余裕はありませんが、返済に時間がかかる時は金利を考えて借換えも検討しよう。
事業資金と即日キャッシング
総量規制ができてから消費者金融からの事業資金の借り入れが難しくなったと言われます。事業資金は総量規制の対象外ですがそれは何故でしょうか?事業資金の即日調達について方法を考えてみました。
 
最速即日振込方法 即日振込体験談 無利息で即日振込 電話連絡無も可能 審査に通り易くしておく