収入証明なしで借りられるカードローンを探してみた

収入証明の必要性は申込限度額次第

カードローンの申込をするときに、契約の前には、本人確認書類と収入証明書か必要になります。

ただし、これらの書類が不要な場合もあって、特定の銀行の口座を持っている場合に本人確認書類が必要のない場合もあります。収入証明は、限度額次第では必要になる場合があります。

総量規制対象のノンバンクで借りる場合

ノンバンクの場合は貸金業法の総量規制で、収入を確認する義務が生じるため、50万円を超える限度額を申し込む場合と、他社と合わせて100万円を超える貸し付けとなる場合は必ず収入証明書を定終する必要があります。

銀行の融資の場合

銀行で借りる場合は、それぞれ独自の審査機銃になるので、100万円の限度額迄は収入証明が不要というところ、300万円まで不要とするところなどがあります。ただし原則なので、その範囲内の申込みであっても審査次第では求められる可能性がありますので、必ずしもその範囲内で申込みをしたら不要とは限りません。

収入証明不要のカードローン一覧

名称 収入証明条件 即日振込の可否 無利息期間の有無
三井住友銀行カードローン 限度額300万円まで 即日振込も可能 無し
じぶん銀行カードローン 限度額300万円まで 即日振込も可能 無し
オリックス銀行カードローン 限度額300万円まで 即日振込不可・最短即日融資 無し
楽天銀行カードローン 限度額200万円まで 即日振込困難 無し
みずほ銀行カードローン 限度額200万円まで すでに口座を持っていれば可能 翌月利息キャッシュバック(キャンペーン中)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 限度額200万円まで すでに口座を持っていれば可能 30日間
新生銀行カードローンレイク 限度額100万円まで 即日振込も可能 30日間または5万円まで180日間
住信SBIネット銀行ネットローン 限度額100万円まで 即日振込不可 利息キャッシュバック

収入証明なしで借りる関連ページ

即日振込体験談|残高不足の大ピンチの回避方法
うっかり引き落とし日を忘れていて口座残高が不足、あわてて、振込キャッシングを依頼してなんとか引き落としに間に合ったケースを紹介
今すぐ借りたい方に|最速で振込キャッシングする方法
即日振込を可能にするための催促のキャッシング申込方法についてまとめてみました。
無利息即日振込|金利が高くても無利息ならば軽減できる
即日振込してくれるところは金利が高くなりがちですが、その代わり初めての利用では無利息期間があるところを選べます。うまく利用すれば実質金利はとも低くなります。
融資審査に通り易くしておく方法
キャッシング、ローンなど借り入れの申込前に審査に通りやすい状態にしておくことも、即日振込のチャンスを広げます
職場への電話無で借りられるキャッシング方法
職場への在籍確認の電話をしてほしくない方が借りる方法をお教えします。準備が必要ですが、電話連絡無で借りることができます。
土日休日振込融資は可能か?
土日祝祭時などの金融機関の休業日であっても即日振込融資が可能な貸金業者をまとめみました。
自動融資にしておくと安心
ついうっかりで口座残高不足になってしまうそんな時、引き落としてで事故にならないためには、自動融資にしておくと便利です。
申込ブラックってホントにあるの?
申込を炭酸しすぎていてブラックリストに載ってしまい、どこに申し込みをしても断られてしまうなんてことは実際にあるのでしょうか?
即日振込の銀行カードローンはある?
比較的時間のかかる銀行のカードローンにも即日振込キャッシングかのうな ものはあるでしょうか?調べてみました。
返済に時間がかかるなら借換えも検討しよう
とにかく早く融資を受けたい時は、金利を気にしている余裕はありませんが、返済に時間がかかる時は金利を考えて借換えも検討しよう。
事業資金と即日キャッシング
総量規制ができてから消費者金融からの事業資金の借り入れが難しくなったと言われます。事業資金は総量規制の対象外ですがそれは何故でしょうか?事業資金の即日調達について方法を考えてみました。
 
最速即日振込方法 即日振込体験談 無利息で即日振込 電話連絡無も可能 審査に通り易くしておく