早さ優先で無利息キャッシングを利用しよう

早く借りたいならば、金利よりスピード重視

 

即日審査をうたっているところは結構あります。総量規制のかからない銀行のカードローンなどでも最短即日審査というところは結構あります。銀行のカードローンの方が限度額も大きいし、金利も低いというメリットがありますが、最短即日審査では、即日振込できる可能性はとても少なくなります。早くても翌日翌々日のなる場合がほとんどです。

ですから、即日振込(「平日14時までにWEB契約完了が必要」)が希望であれば、少々金利が高くても審査から利用可能になるまでが早いノンバンク系がお勧めです。銀行のカードローンでは新生銀行カードローンレイクは即日振込も可能で銀行の中では早い方です。ただしそれでも最短のスピードで借りたい場合は、プロミスやアコムなどでしょう。

無利息を利用すれば利息は少ない

30日間無利息期間のある、プロミスや、アコム、レイクを利用すれば、金利が高くても、数か月以内で返すならば、たいして利息の差は出ません。

60日程度以内で返すならば、半分の期間は無利息ですから、実際の利息の支払いは、低金利の銀行カードローンよりも少なくて(レイクは新生銀行カードローン)すむでしょう。

無利息の始まる日に注意

おなじ30日間無利息がある場合でも、その期間の始まりが異なる場合があるので、無利息を利用する場合は注意が必要です。

たとえば、アコムとレイクは、契約日の翌日からが無利息期間の始まりとなりますので、即日借りた場合は30日間無利息期間がありますが、2日後だったら、まだ借りていなくても無利息の期間を消費しますので、その分の無利息期間が1〜2日程度少なくなります。
これに対してプロミスの場合は、お金を借りた翌日から30日間が無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)になるので、いつかりても完全に30日間の無利息が利用できます。また色々なことでポイントがたまりますがそれを利用することでまた無利息期間をもらう事ができます。
即日振込の場合はどちらでも直ぐ借りるわけですから、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、知っておいた方が失敗しないで済むでしょう。

 

長く借りる場合は借り換えればいい

もし長く借りる必要が生じるのだったら、金利の低いものに借り換えるという手段を取ればいいと思います。早くお金を借りる必要があった時だけ、金利が高くてもスピード重視で借りたほうがいいわけですが、さすがに何年もかけて返済していくとなると、金利差が不利になってきます。

銀行のカードローンは、ノンバンクよりも金利が安いところ多いので借り替えると月々の返済額を減らせて楽になるでしょう。
のリ変えローン借り換えローン、また複数の借入ならば一本化、おまとめローンといったカードローン商品があります。ただし、審査はノンバンクよりは多少は厳しくなります。

 

無利息即日振込|金利が高くても無利息ならば軽減できる関連ページ

即日振込体験談|残高不足の大ピンチの回避方法
うっかり引き落とし日を忘れていて口座残高が不足、あわてて、振込キャッシングを依頼してなんとか引き落としに間に合ったケースを紹介
今すぐ借りたい方に|最速で振込キャッシングする方法
即日振込を可能にするための催促のキャッシング申込方法についてまとめてみました。
融資審査に通り易くしておく方法
キャッシング、ローンなど借り入れの申込前に審査に通りやすい状態にしておくことも、即日振込のチャンスを広げます
職場への電話無で借りられるキャッシング方法
職場への在籍確認の電話をしてほしくない方が借りる方法をお教えします。準備が必要ですが、電話連絡無で借りることができます。
土日休日振込融資は可能か?
土日祝祭時などの金融機関の休業日であっても即日振込融資が可能な貸金業者をまとめみました。
自動融資にしておくと安心
ついうっかりで口座残高不足になってしまうそんな時、引き落としてで事故にならないためには、自動融資にしておくと便利です。
収入証明なしで借りる
収入を証明する書類のよう言って面倒ですよね。手続き簡単な収入証明なしで申し込めるカードローンについてまとめました。
申込ブラックってホントにあるの?
申込を炭酸しすぎていてブラックリストに載ってしまい、どこに申し込みをしても断られてしまうなんてことは実際にあるのでしょうか?
即日振込の銀行カードローンはある?
比較的時間のかかる銀行のカードローンにも即日振込キャッシングかのうな ものはあるでしょうか?調べてみました。
返済に時間がかかるなら借換えも検討しよう
とにかく早く融資を受けたい時は、金利を気にしている余裕はありませんが、返済に時間がかかる時は金利を考えて借換えも検討しよう。
事業資金と即日キャッシング
総量規制ができてから消費者金融からの事業資金の借り入れが難しくなったと言われます。事業資金は総量規制の対象外ですがそれは何故でしょうか?事業資金の即日調達について方法を考えてみました。
 
最速即日振込方法 即日振込体験談 無利息で即日振込 電話連絡無も可能 審査に通り易くしておく